ポケカのナンジャモから学ぶトレカ投資の基本を紹介します。

今回参考にするのは、シャイニートレジャーexの『ナンジャモ』です。

PokemonCard-7.jpg

初動46,000円~
ピーク95,000円~
現在58,000円~

2023年12月5日の相場

トレカ投資の基本・1


トレカ投資の基本は、安く購入して高く売るです。

安値のタイミングで購入して、価格が高騰してから売るのが基本です。



例えば、ナンジャモなら初動の5万円以下のときに購入。

すぐにピークの9万円以上になるので、このタイミングで売ると利益を出せ儲けることができるわけ。

逆に高騰したピーク時に購入してしまうと、その後に相場が下落すると損してしまいます。

しばらく保管して寝かせておくと、また価格が高騰する場合もあるけど…。

高騰しないと購入した価格よりも安くで売ることになります。

このナンジャモは、初動で安く購入してピーク時に高値で売った人は勝ち!。

さらに高騰すると見越して、ピーク時の高値で購入した人は失敗したかもしれない。



シャイニートレジャーexは生産量も多く、今後は再販と受注生産もされるはずです。

ナンジャモの封入率は低くても、それなりの数が出回るからね。

ピーク時の9万円~が上限で、そこからは現在も相場が下落して6万円~で安定してます。

セラリアの評価(素人の勘)では、ピーク時よりも高騰することはないと思う。

寝かせるか、話題性のあるうちに売るか、その判断が重要なんです。

センタリングが完璧な美品だけは高騰するかもしれないけど。

ナンジャモの購入を考えてる人は、現在の安定した相場(6万円~)より安くなってから購入するべきかな。

トレカ投資の基本・2


ナンジャモのように初動から高額のカードもあれば、最初は安くて後から高騰してくるカードもあります。

今まで安かったカードが高騰する理由は様々。

  • デザインが再評価されて人気が出る

  • ルールが変更されて弱いカードが強くなる

  • 絶版になって希少価値が上がる

こんな感じ。

例えば、ポケモンメインのカードに可愛い女の子も一緒に描かれてるとか、こんな理由で人気が出たりもします。

どこで人気がでるのかわからないので、気になるカードは安いうちに購入して保管して寝かせておこう。

もし価格が高騰しなくても、安いカードなので損害は少ないはず…。

でも初心者の人には見極めるのが難しいので、この投資方法はオススメしません。

数年くらい寝かせて、価値が上がればラッキーくらいの感じで。

これも有効な投資方法だと思います。
カテゴリ
タグ