今回はゲームの話ではなく、映画『ジョーカー』の感想です。映画館では見てなくて、我慢できずにビデオを購入して視聴しましたが、ちょっと期待外れで残念な感じでした...。

「注意!」この記事には映画のネタバレがあります。あと画像はバットマンのゲームで遊んだときに撮ったもので、ジョーカーの映画とは何の関係もないです。

Batman-14.jpg

この映画の主人公は、母親とボロアパートで暮らしながら、ピエロのコスプレでバイトを頑張る、将来はコメディアンを目指している、精神疾患がある可哀想なガリガリの貧困おじさんです。

始まってすぐに少年たちに看板を奪われボコられるアーサー(主人公)、その後も立て続けに不運に見舞われます。半分は社会や周りが悪い、もう半分は自業自得です...。

看板を奪われてボコられた後は、事務所で怒られる、小児病棟で仕事中に同僚から貰った銃を落とす、同僚にも裏切られる、仕事をクビになる、電車でエリート証券マンにボコられ銃をぶっ放す!、悪に目覚めた?。

カウンセリングと薬の打ち切り、妄想で恋人と思っていた人にも捨てられ(自業自得)、母親にも騙され、憧れのコメディアンにはテレビで馬鹿にされ...。不運の連続!。

Batman-13.jpg

でもアーサーも小児病棟に銃を持っていくなと...。曲に合わせながら子供たちにダンスを披露していたら、銃をポロっと落として職を失います。

電車での証券マンの場面でも、アーサーは発作で笑いがとまらなくなってしまって、自分から挑発して喧嘩を売った感じです。車両をすぐ変わればいいのに...。

あと同じアパートの女性に好意を持ったのか、途中から付き合い始めるのか妄想?、この妄想は薬を打ち切られたから精神状態が酷くなったようです。

最終的に女性の家に勝手に上がり込み追い出されます...。貧困おじさん妄想の末に破局!。

Batman-14.jpg

あと優しそうなアーサーの母親にも問題があるようで、母親の話を信じて、偉い人が自分の父親だと勘違いして会いに行きます。その豪邸でブルース少年(後のバットマン)に遭遇。

少年の口の中に指を突っ込んで笑わそうとしますが、普通に汚いからやめてあげて...。

結局はアーサーの母親の戯言で、ブルース少年の家族とは血縁関係もなく、母親がアーサーを養子で引き取り、母親の恋人がアーサーを虐待して、それで脳がおかしくなって急に笑ってしまう病気になったそうです。

倒れた義理の母親に向かって、「自分の人生は悲劇じゃなくて喜劇だ」とか言って復讐をしますが、育った家庭環境が悪すぎたのか...。

Batman-13.jpg

終盤で大好きなシーン♪、ピエロのメイクで赤いスーツを着て、住宅街の長い階段を踊りながら降りていきます。始めて貧困おじさんがかっこよく見えました。(なんかいろんなことから解放された感じ)

こうして自分を笑いものにした憧れのコメディアンの番組に出演するわけですが、またアーサーは怒って司会者に銃をぶっ放し放送事故に。

理由はどうであれ、自分を紹介してくれた憧れの人の番組にも出演できたのに、道を踏み外しまくる貧困おじさん。

救世主みたいにゴッサムの貧困層からは支持されているようですが、このジョーカーについて行こうとする人達はいるのか?。

Batman-14.jpg

最後はアーサーの妄想かどうなのかは知りませんが、精神科に収容されて逃げ出したの?。

なんとも微妙な終わり方で、ジョーカーが悪に染まった理由がくだらないというか、誰でもアーサーのように落ちぶれる可能性はありますけど...。

ストーリーは微妙でしたが、ホアキンの演技と役作りは素晴らしい、体重も落としてガリガリにしたそうです。

毎日ちゃんと食べてるの?って感じの体形です。あばら骨が浮き出てるし、背中を映した場面とかガリガリでしたよ...。

Batman-7.jpg

ちなみにバットマンは登場しません。宿敵?ジョーカーが誕生する過去の話なのでー。

ブルース少年の両親もゴッサムの貧困層の人に襲撃され亡くなります。こういう過去があるから将来バットマンになって、ゴッサムの街を守ろうとするのか。

何年後かな(20年後?)この貧困おじさんのジョーカーが『ダークナイト』のジョーカーのようになれるとは思えない...。

ホアキンのジョーカーは凄みがないというか、悪のカリスマというよりも、社会の荒波にもまれてブチ切れ復讐を決意した貧困おじさんです。

Batman-13.jpg

今の時代は貧困や社会的な争いをテーマにした話は人気が出るんでしょうか、ジョーカーとは関係ないけど『ファイトクラブ』って少し古い映画ですがオススメです。

ちなみに吹き替えの『ジョーカー』と『ファイトクラブ』の主人公は同じ声優さんです。(おぉ~偶然)

ジョーカーはバイトを頑張る貧困おじさんが主人公、ファイトクラブは一流企業の独身貴族おじさんが主人公、お互い精神疾患があり心に問題を抱えていて、くだらない社会(生活)に対して不満があって暴走し始めます。

こういう時代にこそ必要な映画かもしれない、興味があるならぜひ...。

Batman-14.jpg

物凄い過去があってジョーカーが誕生したのかと期待してましたが、普通に生きてれば嫌なことくらい何度も起こります。

こんなことでジョーカーになるの?、何度も何度もやり直せるチャンスはあったと思うけど、結局は自業自得ですねー。

せっかくビデオを購入したので、また何度か見直していきます。ストーリーとかキャラの関係など間違えていたかもしれないので...。

何とも救われない悲しい映画でしたね...。
タグ