アニメの感想シリーズ第2弾ということで、今期の秋アニメ『魔女の旅々』が面白いので紹介していきます。

この魔女旅だけ毎週楽しみに見てます。他のアニメは一話で飽きたという悲しい状況...。

majotabi-1.jpg

ストーリーは主人公のイレイナ(魔女)が各地を旅して、いろんな国でいろんな人との出会いと別れを繰り返していくといった感じです。

一人旅を楽しんでるみたいな、魔女は正義のヒーローでもないので、そこで知り合った人を助けたり助けなかったり、問題を解決したりしなかったりと、そこが魔女として面白いとこなんです。

majotabi-2.jpg

キャラクターも可愛いし、映像も綺麗で演出や音楽も素晴らしい、アニメ素人のセラリアも大満足な評価となっています。

メインキャラの声優さんは誰か知らないです。(詳しくないので)
物語の進み方は基本的に一話完結、前半と後半で別の話になる回もあります。

なので途中から魔女旅を見始めても、なんとか今のとこ話にはついていけるはずです。普通に旅行してるだけだし...。

majotabi-3.jpg

明るい楽しい話もあれば、鬱展開の悲しい話もあります。個人的に第3話が好きですね。

旅先で出会った女性から花を届けるように頼まれて、街に花を持っていったら大変なことになっちゃうみたいな。

運び屋魔女は旅人なので問題を解決するかは気分次第なんです。解決しないで次の冒険へ。

majotabi-4.jpg

旅先で金持ちの屋敷に招かれた魔女、そこで働く可哀想な奴隷の少女と出会います。

事情を知らない金持ちの息子は、いつも暗い顔をしている奴隷の少女を笑顔にするため、他人の幸せがいっぱい詰まった魔法の瓶をプレゼントするんですが...。

なんとも説教臭い話もあるんですが、そこがこのアニメの良いとこでもあるんです。

興味があったり続きが気になるなら、アニメ『魔女の旅々』をチェックしてみてください。
タグ